TRIGLAV ITEMs

Simulator & Database of TRIGLAV

| URA | Simulator | Search | Items | Monsters | Brands | Bananas | Floors | BBS | Links |

Experiments and Analyses

Menu
| Calc. | Exp.1 | Exp.2 |
Calculation

DICE(Min,Max) = FLOOR(Min+RANDOM()*(Max-Min))

RANDOMは0 ~ 1で一様分布をする乱数を発生する関数.
FLOORは切り捨て関数(正確には引数を越えない最大の整数への丸め.通称床関数).
全体としてMinとMaxの間で乱数を発生します.しかし, それを整数に丸めるため実際にはMaxは出ません.
この乱数生成関数をDICEと呼びます.これがさまざまなところで用いられています.
便宜上, 今後DICE(A)と記述した場合, DICE(A/2,A)と解釈してください.


Attack Damage = DICE(Str[Chara]) + DICE(Str[Add]) + DICE(MinAD[Add],MaxAD[Add])

表示上は
MinAD = Str/2 + MinAD[Add] ~ MaxAD = Str + MaxAD[Add]
となっています.
しかし, 実際に攻撃する時にはADの計算ではキャラクタのStr,装備品での追加Str, 装備品でのAD,それぞれについて乱数が振られます.
モンスターの場合はADのみなので, 乱数は一度だけ振られます.


Dexterity = Dex[Chara] + DICE(Dex[Add])

キャラクタのDexはそのまま有効であるのに対し,装備品による追加分は上記の乱数でバラつくようです.DEXの実験参照
モンスターのDexはバラつきません.


Defense = Def[Chara] + Def[Add]

表示されている値がそのままDefenseです.乱数の影響も受けません..


Recover : Def{Defender} - Dex{Attacker} (>=0)

攻撃側はDexの数値分相手のDefを削ることができます.
削られた値をRecoverと呼びます.Recoverは0未満にはなりません.
Dexが負の場合の処理をしているところが見当たらないので,Recover>Defといった現象が起こりうるのかもしれません.
Recover=0となるとDef無視になります.Recover>0であれば,その分だけ攻撃を緩和することが出来ます.


Final Damage = AD{Attacker}- Recover{Defender} (>=1)

上記のAttack DamageとRecoverの差分が最終的なダメージになります.その結果1未満になった場合は1に修正されます.


Leech = Final Damage*HAV

与ダメージにHAVをかけた値ずつ回復します.HAVが小さいとときどきしか回復しないのでランダムかと思うかもしれませんが, しっかりと攻撃のたびに小数値で回復しています.


Damage Reflection = Final Damage*DR をStrとみなした攻撃

被ダメージ*DRは感覚的にもそのままですが,その値をStrとして攻撃するわけですから,
たとえ被ダメージが固定でも反射ダメージは乱数の影響を受けます.
また,通常の攻撃同様,計算値が1未満となる場合には1に補正されます.

例1)被ダメージが1の場合
DR10% →1(補正のおかげ)
DR100%→1(当たり前)
DR200%→1(Str2は実質ダメージ1です)
DR300%→1~2(Str3なのでダメージ1と2がおよそ1:2で出るはず)

例2)被ダメージが10の場合
DR10% →1(当たり前)
DR100%→5~9(Str10はこんなもんです.)
DR200%→10~19
DR300%→15~29

となるというのが私の見解.これにDefとDexがなんかあって実際のダメージが出るわけですが,
その辺の検証はまた今度.

Exp.1:about Dexterity

Exp.1-1:ADの最大値が出ないことの検証

ADの幅の小さなモンスターを対象にポカポカと殴られてみました.

例1) Giant Scarab(AD2~4,Dex6)
Def-1で2か3のダメージしか出ませんでした.

例2) Uus the Guardian(AD1~2,Dex5)
新規キャラクタを作ってUus the Guardianに殴られてみたところ,いつまでたっても1ダメージでした.
Uus the Guardianは実質AD1です.Dex5に意味はありません.
ただし,2回目以降(あるいはどこかのフロアに到達後?)はLibraryのパラメータとは違うようです.

例3) Armed Scarab(AD6~9,Dex28)
Def28以下でダメージは6~8でした.
Def30でダメージは4~6でした.

結論:
とまあ,以上3つの結果からほぼ仮定は正しいと言えると思います.
表示されているMaxADの値は実際には出ません.


Exp.1-2:通常攻撃におけるDexのバラつきの可能性

まず,敵の攻撃について
Exp.1の例3からもDexは固定であると考えられます.
もし敵の攻撃のDexがバラつくのであれば,Def30のときにもっと小さなダメージが出るはずです.
という訳で,ここではこちらの攻撃時のみについて考えます.

実験素材
Daggermaster:AD2~4,Str4,Dex10(生身8+装備2)←武器無し
Green Slime:Def10,Vit10

この場合,前述の通り乱数の計算上実効ADは2~3.
Dexがそのまま有効ならば,Defを完全に貫通して,ダメージは2~3となるはずです.
が,実験してみたところ,実際のダメージは1~2でした.
ここで装備品のDexに乱数がかかるとすれば,Dex2→実効Dex1
こうすればこちらのDexは生身8+装備1で9となり,相手のDefが1残ります.
これに対してAD2~3なので,ダメージは1-2となり実験結果と一致します.

結論:
装備品のDexがバラつくのではないかという1例を示してみました.
追実験として先の条件をDex+3にして,ダメージ1も3も両方出るか確認することで,
装備品のDexに乱数がかかることについてはほぼ確実に検証できるでしょう.


Exp.1-3:通常攻撃におけるDexのバラつきの可能性 2

という訳で,上記の追実験です.

実験素材
Daggermaster:AD2~4, Str4, Dex11(生身8+装備3)←武器無し
Green Slime:Def10, Vit10

装備でのDexが1増えたところが前の実験との違いです.
前述の通り実効ADは2~3です.2通りのダメージしか出しません.
しかし,装備品のDexがバラつくという仮定の下では,装備品による実効Dexは1~2です.
ここで各Dexのときの,ダメージを考えてみます.

Dex:1→Green SlimeのDef:1→ダメージ:1~2
Dex:2→Green SlimeのDef:0→ダメージ:2~3

となります.
ADの取り得る値が2通りしかないにもかかわらず,実ダメージに3通りの値が出ることになります.
ここで,Dexがバラつかなければ,ダメージは2通りしか出ないはずですが,
Dexに乱数がかかれば上記の通り,1, 2, 3とダメージが3通り表れるはずです.
とまぁ仮定を立てた上で実験してみたところ,確かに3種類全部出ました.

結論:
装備品のDexがバラつくというのはほぼ間違いの無い事実といえるでしょう.


Exp.1-4:薬のDexと装備のDexは違う

薬の効果についてです.
薬が生身の方に考慮されるとすれば,今まで陽の目を見ることのなかった薬のDex振りも有効であると考えられます.
装備で+3されたDexと生身で+3されるとでは意味合いが違ってくるというのがここまでの実験結果です.

そこで実験です.先の実験のキャラクタをちょっと進めて,3FのBuk the Blue Knightの耳を切り取って(痛い)
Nectarをもらって同様の条件で実験してみました.

実験素材
Daggermaster:AD2~4, Str4, Dex11(生身8+薬3)←相変わらず武器無し
Green Slime:Def10, Vit10

装備で+3だったものが,薬で+3になっただけです.
他の条件はほぼ同じです.
ここで1ダメージが出るようなら,やはり薬の増加分も装備同様バラつくということになります.
実験でGreen Slimeを10匹ほど撃破してみたところ,1ダメージは出ませんでした.
薬の方もバラつくという仮定の下では,出現1ダメージが出る確率は1/4.
40回の攻撃で1度も1ダメージが出ない確率というのは,
(3/4)^40で概算すると10万分の1程度です.まずありえないでしょう.

結論:
Dexは生身と装備品での追加分では扱いが異なり,生身の方はそのまま有効であるのに対し,
装備品での追加分は50%~100%の間でバラつきを持つ.
また,薬での増加分は生身に追加されるようなので,薬をDexに振るのはいい選択かもしれない(Daggermasterならば).

Attention

以下の実験はver.1.07以前に行ったものです.
ver.1.08ではDexの効果がしっかり効くようになったということなので,
基本的には通常攻撃と同じ扱いになるはず.

Exp.2:about Damage Reflection

Exp.2-0::Slime系の攻撃について

本当はDRについての実験の予定だったのですが,
思わぬ事態?のため,少しSlime系の攻撃について考察をしてみたいと思います.
m_o_o_nさんにご協力いただき,以下のような条件で,DRのみでDarkyellow Slimeを倒していただきました.

実験素材
Daggermaster:Dex92(生身17), Def32, DR500%
Darkyellow Slime:AD4, Dex-, Def77, Vit130

Darkyellow SlimeはLibraryには上記のようなパラメータが書いてあります.
私はこれをAD4で防御無視の固定ダメージと解釈していました.
しかし,これはどうやら違うようなのです.それについて書いてみます.

先の条件下でDRのみで20匹倒した場合の被ダメージは以下の通りだということです.
330, 322, 326, 321, 313, 328, 326, 332, 332, 326,
323, 316, 315, 321, 326, 326, 332, 319, 319, 328
(Ave.=324.05, Var.=32.57)

私もやってみましたところ3匹で飽きてしまったのですが(すみません)
Dex46, DR133%でも3匹とも被ダメージは320程度でした.比較的ばらつきは小さいですが一定ではありません.
AD4で固定ならば4の倍数以外が出た時点でおかしいですね.
(以前私がDark Slime相手に似たような実験をしたときも,AD3なのに62ダメージが出ておかしいなとか思っていたのですが.)

私の場合はDex46, DR133%でしたが,同じような結果だったというところも問題です.
Dex46, DR133%では反射ダメージは1固定だったと考えられます.
すると,1撃あたりのこちらの平均被ダメージは324/130≒2.5
これはどうもDarkyellow Slimeの4という数字はStrじゃないかと.
Str4と仮定すると,実効ADは2~3で2, 3が等確率で表れます.すなわち平均ダメージは2.5.
とりあえず,現状を満足するような結果が得られました.

ついでにDark Slimeについても考えてみます.
Dark SlimeはAD3と書いてあります.
これをStr3と解釈すれば実効ADが1~2で1,2が等確率で表れます.
Dark SlimeがVit40なので被ダメージ60前後で,
1撃あたりの平均被ダメージは1.5となり,とりあえず矛盾は見つかりません.

結論:
本家のLibraryに記述されたSlime系のADは実はStr扱い.そしてやはり防御無視は正しい.
状況を見る限りこれが最も自然な解釈であると私は考えます.


Exp.2-1::Damage Reflection のDexへの依存

今度はDRについて考えてみたいと思います.
先のExp.2-0の際に,m_o_o_nさんに「DRで時々大ダメージが出ることがあるか?」を調べてもらったところ,無かったようです.

Exp.2-0の結論を正しいものとすれば,Darkyellow Slimeからの被ダメージは2~3.
DRは被ダメージにDRをかけたもの(この場合2~3*500%=10~15)をStrとしてダメージ計算を行っているようです.
Str10なら実効ADは4~9,Str15なら実効ADは7~14.
Dexが通常攻撃と同様に働くと仮定すると,生身17+装備75*(50%~100%)ということになり,
Darkyellow SlimeのDef77を貫通する(Dex>77となる)確率は2割程度.
Defを貫通すれば,ADがそのままダメージとなるはずなので4~14のダメージが出ます.
Darkyellow SlimeのVitは130と低めなので,ダメージが5も出れば,大きく削れたように見えると思います.
これが無かったということはDefを貫通していなかったのでしょう.
20匹も倒して1度も無いということは,通常攻撃とは違う方法でDexを計算しているとみて問題ないと考えられます.

結論: Darkyellow SlimeのDefは高すぎると思う…というのが個人的感想ですが,
とりあえずDarkyellow Slime相手ではDex92でもDRでDefを貫通することはできなかったとみるのが妥当と思われます.


Exp.2-2::Damage Reflection のDexへの依存 2

Exp.2-1ではDarkyellow Slimeに完敗しました.
そこでだいぶレベルを落としてGreen Slimeに犠牲になってもらうことにしました.
先のExp.2-0を踏まえなくても被ダメージは1固定です.

実験素材
Swordmaster:Dex46(生身10+装備36),DR133%,433%
Green Slime:AD1, Def10,Vit10
DR133%のときは被ダメージ1→反射Str1.33→反射AD1となり,お互い10ダメージを受けて倒れます.
DR433%のときは被ダメージ1→反射Str4.33→反射AD2~4となります.
ダメージも2~4出ていました.Def10は貫通していた様です.

結論:
今回は実験結果のみです.
とりあえずDexが全く効かないというわけでは無いようです.
やっぱり生身のDexだけが効くのでしょうか?
次のターゲットはDark Slime, Blue Slimeあたりの予定です.

This site is written by 2WSX.